転職において何より大切なことは強い意志を持つということです。これはもちろん、入社を希望する企業に対するアピールにも関わる大事な要素です。ですが、もうひとつ盲点になる部分として退職することについても強い意思が求められるのです。

 

 転職活動を始める際にはあまり意識しませんが、いざ転職先が決まって退職するとなった場合、実はかなりの割合で強い引き留めにあう場合があります。

 

 あなたの能力を会社側が必要としている場合もありますし、急に人員が不足すると業務に差し支えるからという理由の場合もあります。部下が退職してしまうと上司の管理責任を問われるという風潮のある会社も存在し、そんなときもなんとか言いくるめて慰留しようとするのです。

 

 せっかく希望する先に転職が決まったのに、慰留された程度で反故にするわけがないと考える人が多いですが、ここで慰留されてあっさり気が変わる人も実は一定数存在します。

 

 これは転職支援サービスなども頭を抱えている問題で、退職を翻意しなかったとしても、退職日を引き延ばされて入社の日程が狂ったりというケースも多々あります。

 

 やはり、転職先が決まって気が抜けるというのが大きな原因でしょうが、それによってせっかくのステップアップの機会を逃してしまうのは勿体無いというほかありません。転職活動をする際には、最後までやり通すという強い意志を持ち続けることが必要なのです。