転職の面接を受けるときには、声のトーンに注意して自分の意見を述べることがとても大切です。

 

 たとえば男性の場合、どんなに良いことを述べていても、声のトーンが上ずっていれば、内容よりも自信がなくてオドオドしているということが面接官に伝わってしまい、残念ながら良い印象を与えることができません。

 

 反対に言葉少なめでも落ち着いた低いトーンで自分の考えを述べれば、精神的に余裕があるということを面接官に印象付けることができますので、プラスの効果があります。ですから、男性の場合は転職の面接を受ける前になるべく低いトーンで会話できるように練習しておくことが、面接でマイナス評価されないために必要なテクニックです。

 

 ただ、女性の場合は声のトーンが高くなっていても、元々女性は声が高いのでそこまで不審がられることはありません。高くなり過ぎないように注意して明るくハキハキと会話することが、女性が面接するときのポイントです。

 

 

おすすめの情報
中高年の転職方法とは
中高年が転職する方法と転職サイトの紹介

 

 

 また、声のトーンというのは本番でいきなり会話すると間違えてしまうケースがありますので、トイレなり階段の踊り場なり、練習できる場合は事前に練習しておくと、本番で変な声のトーンにならずに済みます。

 

 転職の面接ではいろいろと突っ込んだ内容も遠慮なく質問されますが、そのたびに声が上ずっていたのでは先が思いやられます。ですから、たとえ内心ではびっくりするような想定外の質問だったとしても、声のトーンを落ち着けることで心の驚きをごまかすことができます。

 

 ですから、声のトーンに気をつけて面接官と質疑応答することは、とても重要なことなのです。