できるだけ詳しく具体的に

 転職の面接でほぼ確実に聞かれることになるのが志望動機です。聞かれることはわかりきっているわけですから、事前に入念に志望動機を練っておくのが大事です。企業研究の深さが伝わるような、できるだけ詳しく具体的な志望動機を語れるようにしておくと、入社したいという熱意が伝わり内定率も高まります。また、応募先の企業の一般的な魅力を述べるよりは、自分にとってはここが魅力的だと語るようにすると、人事の印象に残りやすいです。

 

丸暗記はよくない

 事前に志望動機を練るのが基本なのですが、だからと言って完全に丸暗記してしまうと逆に印象が悪くなります。丸暗記した志望動機というのは嘘っぽく聞こえてしまいますし、入社したいという意欲も伝わりづらいです。暗記ではなく、概要を頭に入れておくようにして、後はその場で考えながらしゃべるようにするのがいいでしょう。そのほうが、コミュニケーション能力や臨機応変に対応する力のアピールにもなります。

 

転職理由とのつながりも意識しよう

 面接において人事は、応募者の回答の一貫性をチェックしています。いくら志望動機が素晴らしくても、転職をしようと思った理由とのつながりが無いと、志望動機にも疑問を持たれてしまいます。例えば、スキルアップしたいと思って転職を決意した、と述べたのなら、志望動機では応募先の企業の社員が持つスキルの高さを語るようにするなど整合性を意識しましょう。